/ 111ページ

再び、この地へ

(1/38ページ)

再び、この地へ





「此処が全寮制の学校か」


無駄に大きな学校、葉桜男子高校に俺は入学した。周りには俺と同じ真新しい制服に身を包んだ男子達が門を潜る。


俺、宮下 來(ミヤシタ ライ)は再びこの地に戻ってきた。と言っても親戚の人に教えられた。此処は俺が生まれ育った街だと言うこと。


中学2年までは此処に住んでいたらしい。けど俺には記憶がない。医師には記憶喪失だと言われた。何があったのか皆教えてくれない。困った顔をするだけ。


「おはようございます」


俺も門を潜り、貼り紙の前に足を止める。


「1―Aか」


自分のクラスを確認をして体育館に向かう。だけど俺の足は止まった。


「來だよな?覚えてる?中学の時、仲の良かった飯嶋 伊織(イイジマ イオリ)」


誰だ、こいつ。


「すみませんが、分かりません」


俺がそう言うと目を見開く。


「え、はっ?嘘だろ?」


「俺には記憶がないんで。すみません」


相手に謝り体育館に行く。中学の時に俺には仲の良かった奴なんか居たか?




/ 111ページ

再び、この地へ

(2/38ページ)

みんなが送ったスター数

49

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|BL