/ 5ページ

後悔する選択

(1/5ページ)

後悔する選択

 僕の自宅の近くに、一つの森林地帯がある。周りは水田に囲まれているため、あまり人が寄り付く場所ではないが、僕は頻繁に足を運ぶ。今日もそうだ。

「本当に学校は辛いなあ……でもここに来れば――」

 そう。ここは僕にとって安心できる唯一の場所。特にこの森林地帯の中心あたりにあるこの高木。ここに座りゆっくりするのが至福の時なのだ。学校では誰にも相手にされないし、一人暮らしだし。

「ここ……いい場所ね。何か気持ちが落ち着く」

 そんな安心できる場所に誰かが侵入している。声を聞く限り女性だ。丁度木を挟んで反対側にいるみたいだ。

「えーと、まあ僕はお気に入りの場所です」

 正直僕は女性が苦手だ。何と言ってもまともに会話もしたことがない。不慣れなんだ。兎に角追い払わないとせっかくの時間が台無しだ。態と素っ気ない態度をとろう。

「私、この場所好きになったわ」

「そうですか……それは良かったですね」

「あの、私もしかしてお邪魔? 何かテンション低くない?」

「いえそんな事は」

/ 5ページ

後悔する選択

(2/5ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ファンタジー