/ 2ページ

ああ、不毛…

(1/2ページ)

ああ、不毛…

 携帯の画面を見ると、あの子からのメールだった。今、別れたばかりなのに…。

 メールを見ると…。

『ない! ないないないぃぃ――!!』

 ……。

 わたしは何のことだかわからなかった。あの子に電話をすると…、わたしは呼び止められたので振り返った。

「裾に、何かついてますよ」

 と、親切に教えてくれた女性がいた。わたしはお礼を言って、ロングコートを脱いだ。

 あの時を思い返すと…。あの子が座っていたロングシート席に仕事の資料だろうか、乱雑に置かれていた。わたしのコートは、あの子が引き受けてくれて、その乱雑に置いてあった資料の上に置いた。――ああ、あの時…―― 大き目の付箋が引っ付いていたのだ。

「ないって、これのこと? 『21時にいつものところで…』…なぁに、あんた。誰かと付き合ってんの? 怪しい匂いがぷんぷんするわね…」

「今度何かおごっちゃうから! ありがとう、またね!」

 バツが悪かったのかすぐに電話を切られてしまった…。わたしはあの子のメッセンジャーと化した様だ。
 そしてこのような場合、ほとんどの者が不幸に見舞われる。わたしはあの子が面倒なことに巻き込まれないように、祈るだけしか出来なかった。

 次の目当ての人物がわたしの目の前にいる。わたしは落ち着いて言葉を吐いた。

「いつものところ21時って、誰と?」

/ 2ページ

ああ、不毛…

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

11

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛