/ 32ページ

プロローグ

(1/22ページ)

プロローグ

白で統一された病室に、点滴の音が反響する。

夕姫は病室の中で唯一温かさを感じさせる小窓に駆け寄った。

5才にしては小さな体の夕姫は、精一杯背伸びをして外を覗きこむ。

外はまだ明るいが、ほんのり夕暮れの香りがした。

窓から穏やかに風が入り込み、カーテンを揺らす。

夕姫は帰路に急ぐ人波の中から、待ち望んでいた姿を見つけ出した。

「…っ実藤(サネト)…!!」

小走りに病院に向かうその人影は、学生服に身を包み、黒塗りのカバンを手に持っている。

そのカバンには、夕姫が編んだ不格好なぬいぐるみが揺れている。

人影はなにか考えるように立ち止まり、上を見上げる。

夕姫は一瞬期待したが、人影はすぐ前を向き、自動ドアに吸い込まれていった。

(…今日も気づいてくれなかった…)

夕姫は淋しそうにうつむくと、ベッドに登り、すねたように膝を抱えた

(…毎日見てるんだから、気づいてくれたっていいのに)

とはいえ、仕方ないのだ。

夕姫が1日を過ごす病室は、6階。

それに加えて、小さな夕姫には窓は高すぎる。

外からでは、顔の半分も見えないだろう。

/ 32ページ

プロローグ

(2/22ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛