/ 312ページ

プロローグ 「あるのに見えず、ないのに見える」

(1/42ページ)

プロローグ 「あるのに見えず、ないのに見える」


ヒュン――虚空を裂いた刀がなぞった軌跡を辿って蒼光のエフェクトが迸る。


肩ほどで一本に束ねた腰まで届くほどの栗色の髪を風に靡かせて、敵だった者の粒子を背にしたのは美形の男子だった。


柳眉の下には長い睫毛。更にその下には紅色の大きな瞳。


高貴な調度品のように誂えられたかのような目鼻立ちは、中性的な顔立ち、というにはやや女性的な魅力を醸している。


彼――鶴来菖蒲《ツルギ アヤメ》は血糊を払うように手にした刀を鋭い刃鳴りを伴わせて左右に二度振り、鞘に収めた。


鯉口がきんっと甲高い音を奏でると、まるで手品のようにその刀は一瞬で消滅する。


菖蒲の眼前。グラウンドの中空、何もない筈の空間に赤字で『WIN』のロゴが踊った。


「ご苦労様、菖蒲」

 
AR機能でVR戦を観戦していた野次馬から疎らにブーイングが起こる中、そんな敵意も顕な空気を意にも介さず、菖蒲の今回の戦いのパートナーであり、戦いの行く末を『終始』見守っていた少年が歩み寄る。


彼の名前は平野恵流《ヒラノ エル》。中肉中背。ぼさぼさの髪の毛に、気だるげな瞳。


およそ若者らしい瑞々しさに欠けるこの男こそが、今回のVR戦の諸悪の根源だった。


「本当に疲れたよっ! いつもの事だけど、全く戦闘に参加してくれないしなっ」


声変わりを素通りしたかのようなアルトボイスは菖蒲から発せられたものだ。


その女性的な顔立ちも相まって、一部の男子から恋愛の対象にさえ見られることが菖蒲の目下の悩みだった。


恵流が悪びれもせずに言う。


「回復はしてたけど?」


「なにそのやり切った顔。今回は相手が弱かったから回復が無くても勝てたぞ……」


平野恵流のバトルスタイルは基本的に他力本願。彼には戦闘に向いた影響/効果《エフェクト》も幻装《デバイス》も無い。


それを解っているから、菖蒲も額を押さえて大きな溜息を吐くしかない。


「さて、と。僕は敗残者に話を付けてくるから、菖蒲はもう帰っていいよ」


恵流のぞんざいな態度に菖蒲は眉を顰める。言い返したい気持ちもあったが、我慢した。暖簾相手に押したり引いたりは徒労だ。


「いや、俺も行くよ。のえるを一人にさせると、また問題を起こしそうだ」


「問題を起こすのは僕じゃなくて相手の方だって」


「のえるが余計に煽るから、こうして俺まで巻き込まれる形になったんだろ」


「いやだなぁ、最初からそのつもりだっただけだって」

/ 312ページ

プロローグ 「あるのに見えず、ないのに見える」

(2/42ページ)

みんなが送ったスター数

1153

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|現代ファンタジー