/ 6ページ

第1章

(1/4ページ)

第1章

「あぁ、昨日は呑みすぎた」

ちょっと二日酔いでフラフラする頭で駅へと歩く。

「今日は、得意先に挨拶回りだったな」


面倒な仕事。

好きでもないオッサンに媚びへつらって、ニヤニヤ笑うだけの仕事。

それで、商品を買ってくれればまだいいが、そんなことがあった事例は、少なくともここ十年はない。

全くもって面白くない仕事だ。


それに比べ、昨日の飲み会は楽しかった。


気のいい奴だけ集めたのもあるだろうが、何か意見を言っても、みんな「そうですね」って同調してくれたもんな。


なんだっけ?

なに言ってたっけか?

まぁ、いいか。


おかげで、お酒がほんとに美味しかった。

あんなに気分よく酔えたのは久しぶりだ。



だのに、今日ときたら……。

いっそ、仮病で休んでやろうか?
いや、でも、有給残ってないしな。

クソ課長に言われそうだ。
「お前なんて、クビだ!」
なんてな。


そうやってケラケラ笑っていると、いつもの駅に着いた。


ん、落ち着いて考えてみると、ケラケラ笑いながら歩くって、俺ってば不審者だな。

ヤバいヤバい。

ちょっと気を付けねば。

会社でやった日にゃ、それこそクビかもしれん。


とりあえず、顔を引き締めて、仕事モードにしないと。

あぁ、でも、電車が止まれば堂々と休めるよな。

なんか、昨日の帰りも止まってたし、今日も……と、運行表示に赤文字はなし。




平常運転ですか。

まぁ、当たり前だわな。


僅かに思った希望を棄て、定期券を改札機にタッチさせる。

/ 6ページ

第1章

(2/4ページ)

みんなが送ったスター数

6

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|