/ 14ページ

眠れない夜に火を灯そう

(1/14ページ)

眠れない夜に火を灯そう

いつの間にか、毎朝毎晩ここに出向くのが習慣になってしまった。


自宅で仕事をする私にとって、近所の喫茶店は、貴重なリフレッシュの場だ。

特に、こんなにも居心地の良い空間が用意されていれば。


ざらりとした質感の残された塗り壁、木目を活かした家具と床。

惜しみなく供される一点物の陶器と、丁寧に淹れられたコーヒー。

葉をピンと気持ち良く伸ばしたグリーンに、さり気なく飾られた小さな絵画。

白を基調にしながらも、所々アイアンを効かせているのが、男性のセンスを感じる。


自分には持ち合わせない感性。

それに包まれると、何もかもを自分で選び、自分に合わせた自宅の気詰まりから、解放される。

/ 14ページ

眠れない夜に火を灯そう

(2/14ページ)

みんなが送ったスター数

395

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛