/ 7ページ

【ウマレカワル】

(1/7ページ)

【ウマレカワル】


男は、夜の街をひた走る。
喉はとっくに呼吸をすることに悲鳴を上げていて、破けるのではないかと思うほど喘鳴を繰り返し、心臓は今にも全身に血を送ることを止めてしまうのではないかと思うほどに爆発寸前だった。
夜陰に紛れて、とある路地裏のゴミ箱の陰に身を潜めた。
もう体が限界を向かえているらしい。
ここまでか。
そう思った時に、初めてアイツを刺した時に滑って刃物で自分の手も傷つけたらしいことに気付いた。
必死に逃げる時にはアドレナリンが出ていて痛みにも出血にも気付かなかったのだろう。
とりあえず、男は、自分のシャツの袖を引き裂いて、手首の上あたりを止血した。
「随分手ひどく傷ついているねえ。」
そう問いかけられ、男は飛び上がって驚いた。
目の前には、いつからそこに居たのか、わからないが、女が男を見下ろしていた。
その女は妖艶な美しい女で、巫女の着るような着物を身に纏っていた。
巫女であれば、その色は白であろうが、その女の身に纏っているものは、玉虫色に輝いていた。
まるで、どこか異国の民族衣装のようにも見えた。
男は立ち上がると、すぐにポケットからナイフを取り出して、その女に突きつけた。
「てめえ、誰だ。余計なことはするなよ?ちょっとでも動いてみろ!刺すからな!」
女は少しもひるまずに、椅子に座ると、目の前に乱雑に置かれた、卵を一つ取り上げて、差し出した。
「この卵はね、願いを叶えてくれる卵。夜の卵さ。」
この女は、この期に及んで商売をしようってのか。頭がおかしいのか。
「おい、俺を見れば、俺が何をしてきたか、大体わかるだろう。」
「知ってるさ。人を殺めちまったんだろ?アンタ、自分の人生を変えたいって思わないかい?」
女はそう言うと、真っ赤な唇を引き上げて笑った。
そりゃあ、俺だって、本当は人なんて殺したくなかった。
生まれ変わることができるのなら、そうしたい。

男はさらに、女の鼻先に刃物を突きつける。
「通報しやがったらタダじゃおかねえからな。」
男は女を値踏みするように上から下までねめつけると、ある考えが浮かんだ。
この女を人質にするか。いやまて、まだそこまでは追い詰められてはいない。
まだ誰もアイツの死体には気付いていないだろう。アイツの死体は、あの車通りの多い橋の高架橋の下の草むらの中だろう。

/ 7ページ

【ウマレカワル】

(2/7ページ)

みんなが送ったスター数

6

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ホラー