/ 5ページ

1人暮らし、誕生日、バナナ

(1/2ページ)

1人暮らし、誕生日、バナナ

2週間前から1人暮らしを始めた。
ずっと憧れていた1人暮らしだった。
この部屋に最低限の荷物を置いた時、これから新しい生活がスタートするんだってワクワクした。
自炊しようかなーとか、落ち着いたら友達を呼ぼうかなーとか、はたまた彼女をつくってお家デートとか……?
とにかくいろんな思惑が頭をよぎる。

でもまずは、必要なものを揃えなくちゃでしょう!
といわんばかりに、僕は買い物へ走る。
まずはテーブルを買い、そしてベッドを買い、自炊をするためのフライパンを買い、はたまた自炊のために食材もなんとなく買い、気付けばたくさんの1日が、どんどん過ぎていった。

そして今日、の夜。ふと部屋を見渡した。
そこには、僕が選んで買ったものがあふれていた。
でも、それは僕のもののはずなのに、なぜか、僕の買ったもののような気がしなかった。
僕がこの部屋に住んでいるのに、僕が住んでいる部屋のようには思えなかった。
だんだんと僕は、ここに住んでいる理由がわからなくなってきた。
いったい、ここで何をすればいいのだろう。


ベッドに腰をかけた時、気づいてしまった。
どうして今まで気づかなかったのだろう。
僕は明日、誕生日だった。
どうするんだ? ケーキを買うのか? 自分で自分のケーキを? どうして?
今まで当たり前のように祝われていた誕生日。でも1人だったら? そんなに大切な日なのだろうか。
人から祝われない誕生日に、意味はあるのだろうか。
自分で祝う誕生日に、価値はあるのだろうか。

1人の寂しさとは違う。心が寂しい。
まあいいもう寝よう。明日は誕生日なのだから。
明日の朝、何食べようかな。そうだ。食べようと思って買った、バナナを明日食べよう。
そして心の中で祝福しよう。
お誕生日、おめでとう。

/ 5ページ

1人暮らし、誕生日、バナナ

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

1

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ノンフィクション