/ 26ページ

『存在』

(1/5ページ)

『存在』

ねぇ、教えて?



あなたにとって



あたしって



どんな存在?




―深夜2時―


0:00に終わる予定だった仕事が2時間延長した。



眠いせいか、コンタクトが渇いて目が痛む。



目薬が苦手なあたしは、あくびを一度してコンタクトを潤わせた。









ロッカールームに行き、私服に着替えて会社を出た。


外にはちょろちょろと人が歩いていた。



車の通りも少なく、信号が赤でも車が来なきゃ普通に渡っていた。






会社から徒歩で約20分。あたしの住むマンションに着き、エレベーターのボタンを押す。



エレベーターの中はクーラーが入っていて、夏でもわりと涼しい。



カバンの中からキーケースを取り出して右手に持つ。



『チーン…5階です』




ガチャ…



ガン!!



ユキ「は?」



鍵を開けたはずなのに、逆に閉まっていた。



もう一度鍵を開けた。



ガチャ…



ユキ「…なんで?」



恐る恐る部屋に入り、玄関の電気をつけた。



「お、よぉ!」



何もなかったかのように笑顔で出迎えてくれたのは、あたしの彼…『和(カズ)』だった。









/ 26ページ

『存在』

(2/5ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛