/ 24ページ

壱ノ巻

(1/24ページ)

壱ノ巻

薬師:薬草などから薬を煎じて、病などを治す者の総称。

とある村に、一人の薬師がいた。



その薬師の腕は確かで、近くの村の者は、こぞってその者の庵へ足を運ぶそうな。



どんな病もたちどころに治し、助けを求められれば、自ら出向いた。



いつしか、その薬師の煎じる薬は、万の病を治すと言われるまでになった。



しかし、その薬師は、他の薬師にあまり好かれてはいなかった。



なぜなら、その薬師は、齢15にも満たない女であったからだ。



海の近くの小山の麓に、たった一人で住む、その女を、他の薬師はまるで化物のように扱っていた。



しかし、彼女は毎日、人を救い続ける。



その功績は、周囲の村にも鳴り響き、留まることを知らないかのようだった。



そんな、ある日のこと。

/ 24ページ

壱ノ巻

(2/24ページ)

みんなが送ったスター数

728

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ファンタジー