/ 4ページ

手紙

(1/4ページ)

手紙

№2

 父さんへ
 家の中では常に自分本位で、気に食わないことがあれば、声を荒げ、時には手を上げて来た貴方。
 それは母が病魔におかされていた時ですら変わりませんでしたね。
 自分のことですら思うようにいかなくなった母への暴言。
 祖父母が残した財産を、母の治療費には使わず、自分の趣味につぎ込んだこと。
 一生許さないと母の死に誓いました。
 あれから十三年。
 私が嫁にも行かず、家から出なかったのは何故か。
 外面がよく、周囲には「いい父親」で通っていた貴方に、「家の居心地がよすぎるからだ」と周囲は言っていましたが、それは間違いです。
 周りの人間が一人、また一人と亡くなっていき、貴方も重い病で寝たきりになった今。
 頼みの綱である私すらも、この世から消えれば、貴方は絶望に打ちひしがれることでしょう。
 それが私の復讐です。
 残りの人生。
 たった一人。
 孤独の中で、生きる事。
 それが貴方に課せられた罰です。
 どうか。
 どうか長生きをしてください。

/ 4ページ

手紙

(2/4ページ)

みんなが送ったスター数

111

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ミステリー