/ 177ページ

序章

(1/4ページ)

序章

その島は地図には乗ってなかった

あらゆる現代科学を持ってしてもその島は発見されなかった

その島はとても綺麗なところだった

空気、水、空、さらにはそこに住んでいる人達の心までもがとても綺麗だった

しかし、ある日その島は呪われてしまった…

1990年7月〇日

空の裂け目より突然現れた“神”の攻撃により島人の半数が死亡…残った島人もその日の内にほとんどが殺された

“神”が去った後辛うじて生き残ったのは身篭りの女性一人と巫女一人…

生き残った二人の島人はこの出来事を“恐怖の大王”の襲来と呼んだ…

/ 177ページ

序章

(2/4ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|SF