/ 14ページ

スリーデイズアクター

(1/14ページ)

スリーデイズアクター

「じゃあ、ラストのキスシーン! 準備はいい?
はい、よーい……」

――パチンッ

演出が手を叩く合図で、演技をはじめる。
王子がシンデレラと結ばれ、愛を確かめるキスをするシーンだ。

「シンデレラ、誰よりも君を愛してる。
幸せになろう」

王子の甘い言葉にシンデレラも愛を囁き、自然と近づいていく二人……になるはずが佳純は動けない。

「ストーップ!! ちょっと佳純!! 何回言われればわかるの? もっと近寄ってって言ってるじゃない!!
佳純のせいで他のシーンの練習が全然できないんだけど!!」

舞台袖から見ていた演出の怒号が飛ぶ。
佳純がこのことで注意を受けるのはもう何十回目だろうか。佳純は何度やっても上手できなかった。キスシーンをしろと言われてもどうしても恥ずかしさが勝ってしまうのだ。

「……ごめん。ちょっと一人で練習させてくれない?」
 
これ以上迷惑をかけるわけにはいかなくて、佳純は一人使われていない空き教室へと向かった。
そこは演劇部の部室だった場所で、演劇部は数年前に廃部となっているため、今は人があまり来ないスポットとして密かに知られている場所だった。
佳純は上手く行かないことがある時や一人になりたいときがあるとよくその教室で過ごしている。
だから今日も一人。そう思って扉を開けた。

しかし、今日は先客がいたようだ。
白いシャツにブレザーのズボン。上履きの色は緑で同じ学年のはずだが、顔は見たことがない。
風に揺れる黒髪に少し切れ長の瞳。透き通るように白い肌。一言で表すなら“綺麗”。そんな感じの男子。

佳純の視線に気がついたのか、窓際に立っていた男子は佳純を見つめる。
佳純の心臓がドキリと跳ねた。

「えっと、誰?」

佳純は思わず話しかけていた。

「アンタ、僕のことが見えるの?」

話しかけられた男子は驚いた顔で佳純の事を見つめる。

「え?」

この人は何を言っているんだろう。そう思っているとその男子は佳純に近づき、手に触れる。しかしその手は氷のように冷たい。それに手だけではなく体全体が薄っすらと透けているようにみえる。

「え、あ、嘘っ!?透けてる……」
「ほら、僕幽霊だから」
 
戯ける彼に対してパニックになる佳純。

「ゆ、幽霊?」
「あれ、信じられない? これで信じてもらえると思ったんだけど…… というか、僕が透けてるのがわかった時点で信じられないとか馬鹿なの?」
「い、いやいやいや、ちょっと待ってよ!!
そんな幽霊とか悪い冗談言わないでよ……
趣味悪いなぁ。」

そんないきなり「僕幽霊だから」なんて言われても現実を受け止めきれない。
幽霊はいるとは思っていたものの、実際目の当たりにするとは思っていなかった佳純は思考が完全にフリーズしていた。

「ありえない……わ、私!!絶対信じないから。
幽霊だって証拠はあるわけ?証拠も無いのに信じるなんて……」
「証拠、ねぇ? ……あるよ?」

おもむろに机に手を置く男子。そして、そのままゆっくりと手を沈めていく。ズブズブと机に埋まっていく半透明の手。

「嘘……本当だ……」
「やっと信じてくれた?
……僕はこの学校の演劇部員だった。でも、七年前に死んだ。それ以来ずっとこの学校にいる。んで、アンタは? 何でここにいるの?」

さらッと反応を無視をされた上に聞いていないことまで答える。それに、最後の質問は「なんで佳純みたいなやつが演劇部の部室だった場所にいるのか」と聞いているんだろうか。彼はまるでここは自分の場所だと言いたげな雰囲気だ。

「わ、私?! ……文化祭でシンデレラをやることになったんだけど、キスシーンができなさすぎて逃げてきた……」

/ 14ページ

スリーデイズアクター

(2/14ページ)

みんなが送ったスター数

23

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|青春・友情