/ 41ページ

序章 事件の始まり 

(1/2ページ)

序章 事件の始まり 

「そんな、困ります!先日納品したものを全て返品なんて…確か500万ほどご注文頂いていた、あの…」

おれが毎朝楽しみにしているコーヒーブレイクは、この始業開始前のクレームで、あっけなく終わった。
500万分、全て返品?聞いたことがない莫大な返品額だ。

「どこの会社だ?」

おれは、青ざめて電話を置いたまま硬直している事務の女性に向かって聞いた。

「黒岩特殊板金さんです!昨日、安藤さんが初めて取引した…すごい怒ってます!」

ふいに、隣の席からガタッと立ち上がる音がした。
出勤してきたおれの部下・安藤守だ。
彼は、何が起きたのか分からないというように目を丸くしたまま、室内にいる10名の社員からの視線を浴びていた。

「安藤、聞いてたか?」

おれの問いに、安藤はかすかに「はい」と答えるしかできなかった。

無理もない。
彼はこの黒岩特殊板金からの発注により、入社一年目にして売り上げが全営業社員中ダントツ1位に躍り出るという偉業を達成していたのだ。
数字が全てのいわゆる営業社畜にとって、売り上げは命の次に大切なもの。
彼の喜びはいかばかりだったろうか。

しかしそれが、もし返品となれば確実に最下位。 それどころか前代未聞の大損失を出してしまうことにもなる。
そしてその影響は彼だけに留まらず、上司であるおれにも責任問題として降りかかってくる。

「なんで…今なんだよ…なんで…」

安藤の手がかすかに震えているのが見えた。
彼のうらめしそうなつぶやきは、朝の爽やかな空気にはあまりにもふさわしくなかった。


社畜もなかなか悪くない
ふくろう



/ 41ページ

序章 事件の始まり 

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

37

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ヒューマンドラマ