/ 11ページ

鎮魂

(1/11ページ)

鎮魂

夏と言えば、肝試し。

肝試しの場所と言えば、近くのお寺。

そんな軽い気持ちから、深夜、僕達はお寺に集まった。

これから行う肝試しは、長い階段を、懐中電灯一本持って一人ずつ一番上の本殿まで行き、そこに仕込んでおいたお札を取って帰って来るっていう、ごくごく簡単なもの。

とはいえど、このお寺。

結構大きなお寺で、本殿まではかなりの距離がある。

深夜ともなると、周りを取り囲む鬱蒼とした木々が、ただならぬ雰囲気を出し、薄気味悪さを感じさせる。

肝試しの参加者は、僕、昭雄、泰子、江美の四人。

女子といえど、負けん気の強い二人で、肝試しや怖い話なんかが大好物。

ぶっちゃけ、僕や昭雄なんかよりも、ウキウキと目を輝かせていた。

行く順番はじゃんけんで決め、泰子、僕、江美、昭雄という順番になった。

「いってきーす!」

元気よく出発した泰子。

階段を一つの灯りが登って行く。

心無しか、スキップでもしているんじゃないかというぐらいの勢いで、下から見ている者の気持ちを萎えさせる。

/ 11ページ

鎮魂

(2/11ページ)

みんなが送ったスター数

104

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ホラー・オカルト