/ 11ページ

第1章仰天?? 部活後のシャワー室でのこと…

(1/4ページ)

第1章仰天?? 部活後のシャワー室でのこと…

それはいきなりだった。青天の霹靂とは、まさにこんなことを言うのか!?

部活を終え俺が汗を流そうと部室のシャワー室に入った途端、それを見計らったかのように誰かが疾風のごとく現れ同じシャワー室へ侵入してきて、さっとカーテンを閉めた。『おおおおーっ!』と俺は後ずさりしながらも侵入してきた奴の顔を見て死ぬほど仰天した。
『な、何でお前が、こ、こんなところに来るんだよ!第一、部活も部室も違うだろうに…』みたいなことを俺は言いたかったんだが、奴の顔を見るなり、恐ろしさに唇が震え、それ以上、何も言えなかった。

奴とは往年、反目し合う仲で、とてもシャワー室で仲良く出来るような間柄じゃなかった。そんな奴が一糸まとわぬ姿でシャワーを浴びようとしている俺のところにやって来るなんて、何かあるんじゃないかと俺は恐怖心で一杯になった。
このままじゃ奴にやられてしまう!!
俺に対する恨みつらみ、うっぷんを晴らそうと何をされてもおかしくはない!!
俺はこのまま、どうなってしまうのかと…
しかし、そんな俺の焦る気持ちをよそに奴から発せられた第一声がこれだった。
『よっ、部活で汗と泥にまみれた、お前の、その体、今日は俺が全ー部洗い流してやるぜ、いいな!!』だって。
俺はまさかと思えるような奴の言葉に耳を疑いながらも、そのまま気が抜けたみたいに一瞬よろけそうになり、奴に体を預ける格好となった。俺はすぐ様、体勢を直そうとするも奴は…
『いいって、いいって今日は、このまま俺に体、預けて置きなって…』
と言いながら、それまで隠し持っていた物を、さっと取り出すと俺に見せてきた。何とそれは俺が愚かにも妄想で抱いていた危険な何かではなくボトル一杯に詰まったボディーソープだったんだ。俺はそれまで何か危険な物を隠し持ち襲われるんじゃないかと危惧してただけにホッとすると同時に奴の全体像もハッキリ見えてきた。奴もまた部活後で、俺と同じく泥にまみれに汗を垂らし素っ裸だったことが分った。
それでも、余りの出来過ぎに何か拭い去れないものを感じた俺は…

とっさに…
『な、何で俺がお前に自分の体わざわざ洗ってもらわなきゃなんねーんだよ!そんな義理も理由もどっこにもないだろうが…。それに、こんなのって、おっかしくねーか!?』と。
そのあとも疑り深く『何か魂胆でもあんじゃねーのか!?』と続けたかったが、そこまでは言わずにやめた。

すると奴も、つかさず…
『まぁー、いいじゃないか! いいじゃないか!そんな堅いこと言わず今日は俺に任せて置けって…。それに体は正直なもんで、さっきからすでに俺に体、預けっぱなしじゃねーか!?』と。

そうなんだ。自分では態勢整えたつもりだったんだが、うかつにも、あのまま俺はふにゃふにゃと気が抜けたまま、奴に体を預けっぱなしだったんだ。そんなこともあってか。奴も、それが俺からのオッケーサインとでも思ったようで、あとはお構いなしに持ってきたボディーソープをどんどん手に取り泡立てたまま…
『なっ見ろよ!これっ、ほんと泡立ちよくって凄いんだぜ!今に見てろ!お前や俺の体包み込むくらい床から天井に至るまで、このシャワールーム中みーんな泡だらけにしてやっからなーっ!』と何を考えてかまるで、こども時代から仲でもよかったみてぇにはしゃぎながらそう言ってきたんだ。

 だけど奴とは入学して以来ずっと、虫が好かない!というか不愉快な存在だったんだ。口をきくのもはばかれ自慢じゃねぇけど高三になる未だ奴とは口すらきいたことがねぇ。ただ救いは同じ学年だったがクラスは別だったこと。それでも同じ学年ということで見掛けることはあったし、それでも絶対、こいつとだけは仲良くならねぇだろう!と思ってもいた。それは的中し向こうも同じ気持ちのようだったんだ。
 だから見掛ければ別の意味で以心伝心するみてぇに遠くからでも互い苦虫つぶしたような顔つきで、ガンを飛ばし合ったり廊下ですれ違う際もわざと通行の妨げになるような歩き方をしてみたりと切っ掛けさえあれば、いつでも爆発し兼ねない一発触発の緊張状態にはあったんだ。
俺の人生、まだ高校の域も達してはないが、よくぞここまで、いけ好かない奴も世の中いたもんだと逆に感心してもいたところだったんだ。
それだけに奴が突然、取ってきた、この行動を理解するには俺は頭がわる過ぎたのかも知れない。そんな中、見せてきた奴の気さくで屈託のない笑顔や初めて聞く奴の声や言葉に俺はどぎまぎしながらも

    

/ 11ページ

第1章仰天?? 部活後のシャワー室でのこと…

(2/4ページ)

みんなが送ったスター数

3

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|BL