/ 13ページ

エピソード① 産まれた時から変

(1/6ページ)

エピソード① 産まれた時から変

「先生、大変です! お腹にナニか硬いモノがあります!」
「な、なに~!」
 昭和40年代のある日、元気な男の子が誕生した。ホッとする産婦人科医と
看護師達。ところが、後片づけをしている最中に母親のお腹に偶然触った
看護師が素っ頓狂な声をあげた。騒然となる中「こんちわ」と姿を現した
そのナニかこそ、僕だった。

 母親だけはお腹の赤ちゃんが双子じゃないかと疑っていたらしい。検診の度に
「二人いると思うのですが?」と言ったものの、医者は「ハハハハ、絶対に一人
ですよ」と笑い飛ばしていたそうだ。当時はお腹の中を画像で視れなかったから
間違い易かっただろうけど、何ともテキトーな産まれ方をしたものだ。

 そんな訳で母子手帳も慌てて作ったから、僕の手帳は前半部分が真っ白。
おまけに2000g程の未熟児で、当時の医療技術だとマトモに育つか判らない
状態だった。それでもしぶとく育ち、僕ら兄弟は小学生になった。

 ところが、誕生からして変だったせいか、それとも保育器の中の酸素濃度を
間違えたのか、とんでもなく「バカ」だった。
仮面ライダーに憧れて材木置き場の上から自転車で飛び降りたのが小学一年。
スパイダーマンに憧れて草野球場のブロック塀をよじ登り、8mくらいの高さから
落っこちたのが小学二年生。
教室ですっ転んで顎から大流血して「な、なんじゃこりゃああああ!」と叫び、
物干し台で遊んでいて岩に落ちて頭から大流血したことも。
どっちも大流血した時に考えていたのが
「シメシメ、これで憧れの救急車に乗れるな」
だったから、やっぱりバカである。おまけに両方とも結局救急車に乗れず、
頭から大流血した時は母親が日本酒をブシュ――ッと噴き付けて終わり。
メッチャ痛いし心底ガッカリした。

 こんなバカが後に「本能寺の変」「桶狭間の戦い」を始め、世界中の難問や
暗号を次々と解いてしまうのだから人生判らないものである。



/ 13ページ

エピソード① 産まれた時から変

(2/6ページ)

みんなが送ったスター数

6

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ