/ 4ページ

10000回に1度のプレミアムデイ

(1/4ページ)

10000回に1度のプレミアムデイ

スイッチを押すと、シャッターが上がっていく。

少し開いたシャッターから、足元が見えた。

作業ズボンの裾がキレイにおってある。

あ、彼だ。

シャッターが上がりきらないのに、無理やり入ってくる彼。

ガッシャ!

「イッテー!」

「ほーら慌てなくていいって…これで何回目?もう少し待てば入れる高さになるのに…おバカだね」

「いや、いけると思ったのに…痛いわー」

「学習しなよ~」

そのあとは、しばらく顔をみなかった間にあったことを、ひたすら喋り倒す…。

元気だね。

/ 4ページ

10000回に1度のプレミアムデイ

(2/4ページ)

みんなが送ったスター数

1

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛