/ 6ページ

本編

(1/6ページ)

本編

その石を選んだ理由は特に無い。

偶々爪先のすぐ傍にあったから蹴ってみただけで、ほんのちょっと視線を振れば石なんか他にもごろごろ転がっている。
今私が選んだものよりももっと丸っこくて蹴りやすそうな石なんてものもきっと見付かるだろう。

かといって、そんな所で時間を無駄にしてまで石蹴りをしたいというわけでもない。
ドアの窓ガラス越しに見掛けたクラスの子達の気怠げな姿と、ドアの隙間から廊下へ漏れてくる会話の内容と、私の名前を度々口にしながら小馬鹿にしたように笑っていた意味とをうっかり考えてしまわないよう、くだらない何かに夢中になろうとして、道端に落ちていた石を蹴り始めただけなのだから。

角張った小さな石ころは、履き古した運動靴の先っちょでやや強めにコツンとつっついただけで、からんころころと歩道の上を転がっていく。

二三歩先の位置で止まった小石に追いついたら、また靴の先でコツンとつつく。
先を促して、追いついて、また促して、また追いつく。
視界の全面を占めるコンクリートの地面はまるでオートウォークのように上から下へ流れていく。

地面の他に両目に映るものといえば自分の足か小石ぐらいのもので、そうして下だけ向いて歩き続けていれば煩わしい他の何もかもが視界に入らなくなるから、鬱々とした気分にならなくていいと思っていた。

でも、目を誤魔化せた所で耳があるから、車のエンジン音だの風の音だの信号機のお知らせ音だの人の会話だのといった諸々の雑音は否が応でも聞こえてしまって、結局誤魔化しきれていない。

後方から聞こえた甲高い笑い声に振り向くと、中学だか高校だかの制服を着た男の子達が三四人で並び歩いていた。

目が合わないうちにすぐさま視線を足下の小石に落としたから、姿を見たのはほんの一瞬だけだったけど、さっき聞こえた間抜けな笑い声からして、多分楽しい話をしているのだろう。
仲が良さそうな所を見るに友達同士なのだろう。

それとも仲良く振る舞っているのは表面上だけで、あのグループの中から誰か一人二人でも抜けた時には、教室で見掛けたあの子達みたいに、残った二人三人の口から黒々と濁った本音が漏れ出してくるものなのだろうか。

それとも、さっきの笑い声は私の後ろ姿を見て発したものだったりするのだろうか。
小石を蹴りながら歩き続ける私の姿は、後ろからみるとどういう形になっているのだろう。
あんまり滑稽だからうっかり吹き出しちゃったとか、そういう事なんだろうか。

別にそんな事はないだろう、と、分かってはいるけれど。

――嫌だなあ。

石ころを蹴り始めた切っ掛けも蹴り続ける理由も、別にすっかり忘れたわけじゃないけど。
頭の中には思考が浮かび始め、心の中側も外側も鬱々と沈んだ暗い色に染まっていくのはそう簡単には止められない。

――何で皆平気な顔して、人と接しているんだろう。
どうして皆、毎日毎日飽きもせず学校に通えるんだろう。
嫌な事があって、勇気を出して教室に入って、それでもまた嫌な事があって、その度に学校を休んでる私の方が馬鹿みたい。

私の心が弱いだけなのかな。皆の心はもっと頑丈にできているのかな。
多分、そうなんだろう、きっとそうなんだ。

一度沈むと簡単には浮き上がれない。
気付けば鬱々とした思いばかりが心を占めて、小石を蹴る力も増していく。
かつん。ころころ。ごつん。ころころころ。

小石はいいなあ。
意志もないし心もないし、こうして蹴られた所で痛くも痒くもないんだから。
学校に行かなくてもいいし辛い思いもしなくていいし。
親も友達も作れないけど、その分気が楽だろうし。

お腹の中でぐつぐつ煮えてきた苛立ちをぶつけられるものといえば、足下の小石しか見当たらない。

勢いをなくして止まった小石を力一杯蹴り飛ばす。
固い地面の上をころころいって飛び跳ねていった小石は、数メートル先に見える十字路の辺りまで一気に転がっていく。

小石に追いつく頃には、信号機は青から赤に変わっていた。

/ 6ページ

本編

(2/6ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|