/ 10ページ

メレンゲのきもち

(1/10ページ)

メレンゲのきもち

 わたあめ姫のハートは、きっと真っ白でふあふあのメレンゲぷぎ。

「ぷぎゃーーん! わたあめ姫ーー!」

 いつもの原っぱ公園の一角『森っこ広場』に彼女の姿をみつけたアタチは、シュタタタタと一も二もなく駆け寄っていく。

「チャーコちゃん、どうしたのふわ?」
 
 雨の精霊わたあめ姫は、いっつも優しい。

「あのねあのね、いま五丁目のコンビニでサービスしてるクジ引き……アタチだけハズレだったプギ……。ヌコリンもチョメさんもまっちゃんイカ当てたのにーー!」

 くすん、と(ひづめ)でまぶたを拭うと、ふわり小さな(てのひら)がアタチの頭に乗る。

「大丈夫ふわ。あのクジ引き、今週末までやってるって店員の小鳥遊(たかなし)さんが言ってたの。次はきっと、チャーコちゃんもまっちゃんイカ当てちゃうふわ」

「でも、クジ引くには駐車場のゴミ、12個拾わなきゃダメぷぎ……。みんなで拾ったからもう落ちてない……」

「それも大丈夫。明日には店員の田所さんがまた散らかすふわ。一緒に拾ってあげるから泣いちゃだめふわよ」

 わたあめ姫にイイ仔イイ仔されると、ココロがなんとなく凪いでくるプギ。

「そっかぁ……うん、そうだね。アタチもう泣かないー♪」

 にゃぱっとアタチが笑うと、わたあめ姫もふんわり笑ってくれる。アタチはわたあめ姫がだいすち♪

/ 10ページ

メレンゲのきもち

(2/10ページ)

みんなが送ったスター数

161

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|現代ファンタジー