/ 129ページ

第1節/灯理(アカリ)という女の子

(1/2ページ)

第1節/灯理(アカリ)という女の子

 生まれた時には、結婚してずっと一緒にみたいな愛の形は既にみんなのものではなくなっていた。

 繋がりを連呼する世を背に、本当はみんな消耗品なんだって。それに気づいている自分はクレバー、みたいな自意識でかろうじて自分の価値を保ちながら。

 でも、そんな社会(セカイ)でも自分好みのイケメンと、同じ場所で共に末長く生きていけたらなんて。自分勝手な幸せを求める気持ちもあったりして。

 第一章「壊れた日常で居場所を失くした君に贈る途切れぬこの街の灯」

 宇宙(セカイ)に存在する(よろず)の色と萬の光の中から選ばれて、ヒラヒラと舞う紅葉(もみじ)はオレンジ色に染まっている。

 ここは列島の北の方にある街・(エス)市。

 季節が秋から冬に変わる頃。

 午前授業の金曜日の昼下がり。

 女子高生の倉橋(くらはし)灯理(アカリ)は、ちょっと学校の近くのパン屋さんまで昼食のお買いもの。

 帰りに少し遠回りして、落葉に太陽の光が反射してキラキラ降り注いでいる並木道を歩いている。

(変わらないな)

 子供の頃に見た紅葉(こうよう)と目の前の風景が重なると、温かい気持ちになる。

 ただ、あの頃の情景とこの頃の情景の間には、悲しい時間も挟まっている。

 S市にとって二〇一一年の大震災は大きい出来事で、児童が高校生になるほどの年月が流れても、随所に傷跡が残っている。

 この舗装路も、当時はひび割れ、左右には折れた電灯が並び、街並みを見やれば倒壊した建物が散見された。

「あえてスマイル」

 灯理は人差し指で自分の唇をなぞると、ニっと笑った。作ってみた微笑(ほほえ)みでも、彼女の素の心が(にじ)み出るのか、楽しい時の児童の表情といったそれは、回りを陽気にする感じ。

 黒髪は肩より下まで伸ばしていて風が吹くと揺れる。美しいというより朗らかな印象が先立つ顔に、左目じりの泣きボクロがチャームポイント。

 ミモレ丈のダークトーンのスカートをはいて、一糸(いっし)がループ状に編まれた生地で作られた(あおい)色のセーターを着ている。

 加えて、寒くなってきたのでシルバー調のボタンが付いたガーリーな青いジャケットを上から羽織っている。

 人目を強く引くような突出した輝きはなくとも、フワっとした彼女の存在が近くにあると場が和む。灯理はそんな女の子。

 一度壊れた街で暮らしている自分なりに、今では学校に居場所があって、そこで待ってくれている人間に心当たりがあったりする。

 靴底に落葉を踏みしめる感触を感じながら、灯理はその場所。彼女が通う双桜(そうおう)学園高等部の「復興(ふっこう)部」へと向かった。

/ 129ページ

第1節/灯理(アカリ)という女の子

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

39

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|青春