/ 81ページ

砂川巧 という人

(1/4ページ)

砂川巧 という人

すらりとした手足に しっかりした肩幅。

後ろ姿を見ても つい振り返ってしまうほどのオーラ。

眼は深い茶色に意思の強そうな眼差し。

黙っていると 精悍な感じ。
 
なのに 

笑うと目尻にシワができて 凄くやさしげ。

仕事が出来て 

普段人を寄せ付け無いけど ここぞと言う時にフォローしてくれる。



ー落ちないわけがないー


砂川 巧(さがわたくみ)
私の大好きなひと。


彼は私が高校生の時 同じ電車によく乗っていた。

私が降りる駅の いくつか先にある有名な進学校に通っていた。

それを知ったのも彼の学生服の襟にある校章をこっそりみたから。

毎日 同じ車両の違う扉付近に立ち そっとさがす。

彼は いないときもあったけど 

大概は 吊革の革をつかんで

もう片方の手だけで器用にページをめくりながら本を読んでいた。

彼の近くの女の子たちを見ると ほぼみんな 彼を意識しているのがわかった。



バレンタインが近づいたある日

ついつい彼の事ばかり考えてしまうわたしは

街中に溢れるチョコレートを見るうちに

渡す勇気も無いのに思わず買ってしまっていた。

バレンタイン当日 

チョコレートを渡す勇気も無いまま鞄に入れていつもの電車に乗ると 

とてもかわいいモテそうな女の子達が 彼にチョコレートを渡していた。

私はドクドクと胸がきしむのを押さえながら さりげなさを装って盗み見ていた。

彼は彼女達に何か二言みこと告げると やさしく笑いながらそれを受け取らなかった。

‘’ああ、やっぱり’ 彼女がいるんだなあと確信して

目に前でチョコレートを受け取らなかった事にほっとしたり

彼女がいる事にショックをうけたり、なんだか複雑なきもちになった。

泣きそうな気持ちを堪えながら うつ向いていると

居心地が悪くなったのか 彼女達に気を使ったのか

彼がこちらの方へ移動してきた。

/ 81ページ

砂川巧 という人

(2/4ページ)

みんなが送ったスター数

7686

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛