/ 226ページ

第一章 高校生の義務

(1/69ページ)

第一章 高校生の義務

 1

 返ってきたテストの答案用紙を見た瑛太(えいた)は、最悪だ、とつぶやいた。


 *

 二年最初の定期テスト。ゴールデンウィークを満喫した薫と瑛太は、その一週間後には広い試験範囲と格闘していた。

 結果は思わしくなかった。順位を十落としてしまった(かおる)が肩を落としながら家に帰っていると、見慣れた猫背が視界に入る。

「あれー瑛太? 今帰り?」

 帰宅部の彼が、薫と同じ部活終了時間に帰るのは珍しい。

「……あぁ」

 振り返った幼馴染の瑛太はいつもよりも更に猫背に見える。気落ちしているように思えて、薫は尋ねた。

「どうかした?」
「……順位落とした。まじ、ヤバい」

 何の話だろうと薫は首を傾げる。

「順位?」
「定期テストのに決まってんだろ」
「えっ……何番?」
「十番落とした」

 なーんだ、同じか、と思ったが、直後、青ざめる。

 薫の十番と瑛太の十番は重みが違う。彼はいつも飄々と高得点を叩き出し、五番以内に入っているのだから。

「先生にも呼び出されて、原因を訊かれたんだよ。まぁ……心当たりはあるけど、言えねえし」

 薫はああ、と納得する。

「神様の名前探しか……」

 確かに荒唐無稽過ぎて、口にはできないだろうと思った。

 春に近所のハルさんが亡くなってから続く、一連の出来事を思い出し、薫は瑛太と一緒になって肩を落とす。

 勉強に充てるべきだったゴールデンウィークに、薫と瑛太は、一緒に京都へ名前探しに行ったのだ。それが影響したに違いない。

「でも、しょうがなくない? それ、絶対瑛太のせいじゃないじゃん」

 薫は、今は瑛太の中で眠っているだろう"カミサマ"に思いを馳せた。

 仮宿を失い、瑛太に取り憑いたままの、仕事をしないカミサマ。彼は夜、瑛太が眠っているときなど、隙をついて出てきては要らないことばかりをやらかすのだ。

 被害は主に彼のバイト代だが、眠っている間に体を使われるのであれば、疲労が溜まっていてもおかしくないと思った。

「疲れてたんだよ、きっと」

 そう言ったけれど、瑛太は小さく首を横に振る。

 たとえそれが自分のせいでなかろうと、彼は納得しない――と薫はよく知っている。自分に言い訳を許さない厳しさがあるのだ。

/ 226ページ

第一章 高校生の義務

(2/69ページ)

みんなが送ったスター数

1788

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

作品に関する書籍情報

神様の名前探し(2)

出版社:双葉社

発売日:2018/2/14

新着ピックアップ

急上昇ランキング|現代ファンタジー