/ 10ページ

ツイてるこたつ

(1/10ページ)

ツイてるこたつ

 ◇


 春から社会人となる俺は、実家を出て一人暮らしをする事となった。
 そして今日、いよいよ新居へと引っ越しをする。


「大丈夫、冬樹(ふゆき)? 忘れ物はないかしら?」


 引っ越し屋が来るまでに、母さんは何度となく俺にそう聞いて来た。


「だから大丈夫だって。もし何かあったら後で送ってくれればいいから」

「嫌よ。送料が勿体ないわ」


 ……出た。それが本音かよ。
 勿体ないは、うちの母さんの口癖だ。


「あ、そうそう冬樹、これだけは忘れずにちゃんと持っていってね。まだまだ冬は長いから」


 そう言って母さんが出してきたのは、昔からうちにある古いこたつ。
 一人暮らしには丁度いいサイズではあるが、如何せん古い。


「あのさあ、こたつくらい新調させてくれよ」

「何言ってるの勿体ない。何よりこの子はツイてるこたつなのよ?」


 我が母ながら、この人は一体何を言っているのだろうと思う。


「ツイてるって……何がツイてるんだよ?」

「だからツイてるのよ、色々とね」


 色々って何?
 その辺を具体的に言ってもらわないと分からないじゃないか――

 などと、俺は言わない。
 うちの母親が、叩いても響かない不思議系天然ボケである事を、息子の俺はよく知っている。


「ま、取り敢えずは寒さを凌げればよしとするか」


 そんな謎を残したまま、俺はそのこたつを荷物の山の中へと加えた。

/ 10ページ

ツイてるこたつ

(2/10ページ)

みんなが送ったスター数

36

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ファンタジー