/ 18ページ

冬の朝

(1/2ページ)

冬の朝



 急いで改札を抜けた瞬間、誰かが私を呼んだ。鈴を転がすような甘い声だった。
 驚いて振り向くと、見慣れない少女が立っていた。
「なん、ですか……?」
「よかった」
 大きなダッフルコートをきっちりと閉めた少女は、ゆっくりとこちらに近づいてくる。
「ねえ、マーリ」
 私の名前を、妙になれなれしく呼ぶ。
「一緒に行かない?」
 手を差し出す少女の言うことを理解できないでいるうちに、いつの間にかホームに着いていた電車が、発車のベルを鳴らした。
 しまった、と振り返った先で電車は加速していき、リズミカルな騒音は徐々に薄れていった。
「学校、遅れちゃうね」
 くつくつと笑い、髪を揺らしたことで、この少女が見慣れない金色の髪をしていることに気づいた。
 私は少女をキッっと睨みつけ、
「一応言っておくけど、あなたのせいだから」
「ギリギリかもしれないわ」
「……私を遅刻させるのが、あなたの目的なわけ?」
「そうとも言える」
 フワフワとして、要領を得ない受け答えだ。少しでも少女の考えを読もうと瞳を覗きこむと、初めて見る翠瞳が覗き返してきた。とても澄んでいるのに、底が見えない。
「私をどうしたいわけ? 本当にそれだけなら、私もう行くんだけど」
 このままだと、いつものように流されてしまう。すでに少女のペースな気もするけど。
「マーリに、お願いがあるの」
 ――お願い……?
 私の思考が、その『お願い』とかいう正体不明のものに引っかかった隙に、彼女は改札にパスを通し、
「来て」
 私の手を引っ張って、都合よく来た反対向きの電車に乗りこんだ。

/ 18ページ

冬の朝

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

3

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|現代ファンタジー