/ 18ページ

第1章

(1/18ページ)

第1章





窓から入って来る幽霊







 空間を長方形に切り取ったガラス窓から入ってくる、

太ってぶよぶよの弱い太陽の光と、

鼻腔≪びくう≫に忍び込んで、

生乾きのワカメを連想させるようなツンと刺激する潮の香が、

部屋を覆っていた。







 夕闇が、

音もなく忍び寄って来ていたのだ。







 全身をなめ尽くすような視線が、

山下 勉≪やました つとむ≫を無理やり目覚めさせた。







 彼は、

もう薄暗くなった窓に向かって、

二階全体を揺るがすような大声で、

一人言を吐いた。







「何だか、

嫌悪感を押し付けてくるような、

重くて憂鬱な気分だなぁ。



しかも、

長い間、

誰かにジーッと見詰められているような気がする。



まだ、

夢を見ているのかなぁ? 俺は!」



 刻一刻と太陽の灰色っぽいオレンジ色が、

彼の部屋全体を占領してくる。






/ 18ページ

第1章

(2/18ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ホラー