/ 11ページ

第1章

(1/11ページ)

第1章

遠く届かない空に向かって、僕は、何を願い何を掴もうとしたのだろう?もうすぐ僕は、二十数年間の人生に幕を下ろそうとしている。きっと、この世の中で、たった一人の存在に、思いを馳せたまま……

 十九歳の初夏、僕は、地元のコンビニエンスストアのアルバイトをしていた。この町は、特に目立つことも無い地味な場所だった。それは、まるで僕自身の存在とリンクしているようにも感じていた。コンビニのバイトは、結構楽ちんだった。そんなにお客さんが来なかったし、愛想笑いとか、何だかめんどくさい元気の良さとか、特に必要なかったからだ。余ったお弁当やパンは、自由に持って帰れたし、売れ残りの雑誌なんかも、たまに貰えた。

「田中君、悪いんだけど明日、夜勤やってくれないかなぁ~!シフトが合わないんだよ!ちゃんと深夜手当つけるからさっ!」
 ある日の夕方、勤務を終えて帰ろうと更衣室で着替えていた僕に、店長が、そう言ってきた。
「いいですよ。たまになら……」
 僕は、今思うと相当ぶっきらぼうに店長と目も合わせずにそう答えた。
「助かるよ~!まあ、お客さんもロクに来ないと思うから。適当に、いつも通りにやってくれれば大丈夫だよ!」
 店長は、もうこの町に四十年以上、生まれた時から住んでいる原住民だった。よくもこんな退屈な町に四十年も住み続けられるものだと、僕は、ある意味感心していた。
「お疲れ様でした……」
 いつものように、抑揚のない蚊の鳴くような声で、僕は、タイムカードを押して、店長に軽く頭を下げて従業員用の裏口から店を出た。外に出ると、初夏の夕刻独特のノスタルジックな町の光景と、虫たちの鳴き声が、少しだけ僕の心を穏やかに包み込んだ。

「光一、帰ってたの?ただいまくらい言いなさい!」
 母が、僕の洗濯物を持って部屋に入ってきた。
「あぁ、ただいま……」
「何それ?今頃言っても遅いわよ。ホントにあんたは、変わってるんだから……」
 母は、少し呆れた顔で微笑みながら、額の汗を拭っていた。
「母さん、明日は、店長に夜勤を頼まれたからね。夕方5時から朝の5時まで。シフトが、合わなかったんだって」
「そうなの?じゃあ、明日の夜は、お父さんと二人きりじゃない。久しぶりに……」
 母は、そこまで言って僕の顔をチラッと見てから恥ずかしそうに微笑んだ。
「もう、十九歳になった息子の前で、そんな話するなよ……」

/ 11ページ

第1章

(2/11ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|青春