/ 2ページ

第1歩 雲母 椛の人生

(1/2ページ)

第1歩 雲母 椛の人生


雲母 椛 (きらら もみじ)
これが俺の本名だ。
珍しいその名前から″人にはない個性″や″目新しい物に沢山触れてほしい″などの意味がありこの椛という名は今は亡き父親が付けたそうだ。
又、椛の字に音読みは存在せず、裏表のない真っ直ぐな人間になってほしいというのが母が言う俺の名前の由来らしい。
俺はこの椛という名前を気に入っていた。
元々、女の子の方がこの名前は多いらしいが、そんなのコンプレックスにも及ばず、逆に人にはないその珍しさから、周りの人間が反応してくれて、友達もできた。
いつかの夕方、1人の女の子にその名前は恥ずかしくないのかと問われた。年頃の男の子が女みたいな名前を持って気にしているに違いない。女の子は疑問に思ったらしい。
だが、俺は顔を横に振り気にしてるどころか大好きだとその女の子に伝えた。女の子は満足したのかそれ以来名前について触れてはこなかった。
もう分かったと思うが、俺はこの名前を大変気に入っている。この名前でよかった、、、心底そう思うのだ。
大げさ?大げさでいい。それ相応の名前なのだから。
このまま一生この名前でも悔やむことはないだろう。
だが今、この名を溺愛する俺は″雲母 椛″では無く。
″暁 風馬(あかつき ふうま)″として生活している。
もう椛という名は存在しない。
存在してはいけないのだ。
どうして?
なぜ?
折り入って説明するのには時間がかかる。

簡単に言えば俺、雲母 椛はとある組織に命が狙われているのだ。

/ 2ページ

第1歩 雲母 椛の人生

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

1

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|青春