/ 175ページ

プロローグ

(1/7ページ)

プロローグ

 2049年某月某日 危険指定区域(旧東京吉祥寺一角)

 ――世界を救える、はずなんだ。

 喘ぐような呟きを雨が廃墟に打ちつける音の中から拾いあげた。

 分厚い雨雲が太陽を隠している。
 そこから降りしきる大粒の雨のせいで視界不良だし、ただでさえ瓦礫だらけの足場が滑りやすい。
 風も強く、雨粒が瓦礫にぶつかる音はザアザアというより、銃弾が撃ち込まれたかのようなバチバチと弾ける音が響き渡っていた。

 つい数分前に崩れたばかりの五階建てのビルは天候によって既に土煙をあげることも止め、酷い有様で風雨に晒されている。
 聞こえた声が気のせいでなければ、音の出どころはあそこのはずである。

 スリングベルトで背に回していたアサルトライフルを外し、強く握りしめる。
 手袋がじっとり濡れて持ち心地に違和感がある。
 指先にいつも以上に力を込めた。

 耳を澄ませると銃弾の嵐のような雨音の隙間を縫うように、また微かに知らぬ男の声を聞く。

『南西クリア』
『北クリア』

 左耳に差し込んだイヤフォンから、聞き慣れた仲間の声が続いていた。

「……ず、……だ」

 バチバチバチバチ。
 雨粒があたるせいで視界が歪み、仕方なくゴーグルを外した。
 滑りやすい足元に気を向けながら、コンクリート道路の上に転がる大小さまざまの瓦礫を避けて崩壊したばかりとビルの残骸へと近づいてゆく。

『今回は少なかったな』
『奴らが先にいたんだろうよ』

「える、はず……せかいを」

 無線越しの会話が集中を邪魔してくるので、仕方なく今度はイヤフォンを外した。
 繰り返され続ける言葉の出どころに目を向けると、ジグソーパズルのように歪な形になった壁がある。
 雨音で足音を消し、腰を屈めて壁に隠れる。
 スウと一つ息を吸いこみ、彼女は一歩で身を翻して壁の裏側へ銃口を向けた。

「…………」

 そこで倒れている男を見て、止めていた呼吸をゆっくりと再開する。

/ 175ページ

プロローグ

(2/7ページ)

みんなが送ったスター数

168

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|SF