/ 29ページ

隣の人は

(1/4ページ)

隣の人は

 はて、今、何と言ったかね。わしは年のせいで耳が遠い。源蔵の孫だと言ったな、すまぬが、もう一度わしの耳元でゆっくり言ってくれるかね。

 川村祐一とな? 源蔵の屋敷を貸したその男の行方を探しておると。その男がどうしたのか?

 長らく空き家になっておった、源蔵の屋敷を借りる酔狂者じゃ。こんな、爺や婆だけの狸やら狐やらが闊歩する田舎に、好んで住むだ若者じゃ。何かやましいことがあるに違いないと、わしはにらんでいたのだがね。

 ……そんなやましい事をするような者ではないとな? ここ数日、その男の行方が掴めず、近くの駐在さんと共に、隣のわしの所にたずねに来たと。

 で、その男を最後に見たのは、何時かとな。

 わしがその男を最後に見たのは、二週間程前のことじゃ。その男は、大きな荷物をバイクに積んで、しばらく留守にすると言って、朝早う出て行った。その男のバイクなら、一昨日の昼頃、山菜採りから戻って来た時に、屋敷の前にあるのを見たな。

 ……なあ、源蔵の孫よ。その川村とやらは、一体、何者なんじゃね。あの男、月の半分は屋敷におらんし、いたらいたで、朝早くからとか、夜中とか、ずっと庭にいるのが、どうも気味が悪くてな……
    

 なんと、川村は写真家なのか。で、お前さんはその男の担当者なのか。

 その男が、この辺りの風景が気に入って、よく撮影に訪れていたが、近くに宿がなくて困っていて、ちょうど、お前さんの親御さんらが、源蔵の屋敷を今後どうするか思案しておって、源蔵の屋敷を貸すことになったと。
 なるぼど、なるぼど。

 ああ、わしの家の周りを含め、辺りを探してみるとな? そうするがええ。
 そうじゃ。源蔵の庭の端っこ、注意するがいい。あの庭の辺りは滑りやすいうえ、その下は急な斜面になっておる。源蔵も、あの辺りで足を滑らせてしもうたからなぁ。

 あの辺りは、山菜がようなって、源蔵も爺さんも、それを肴にしてよう呑んでおったのじゃが……
 そこも探してみるとな。ならば、わしの畑の端の大岩の辺りから、大廻りして行くんじゃぞ。

 ああ、便所なら、自由に使ってくれ。なんなら、縁側も自由に使うがいい。
 


 ……やれやれ、大変な事になったの。とりあえず、縁側を開けて掃いておこう。茶も沸かしておこうかね。
 仏様に氏神様、どうか、どうか、あの男、無事でありますように。源蔵、爺さん、あの男を助けてやっておくれ。

 川村とやら。お前さんを怪しいと思っておったこのわしを許しておくれ。

    

/ 29ページ

隣の人は

(2/4ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|