/ 10ページ

1ボッチ「さみしくなんかないですわー!」

(1/2ページ)

1ボッチ「さみしくなんかないですわー!」



 ごきげんよう。あたくし落合(おちあい)てりお、と申します。

 伝統と格式の由緒正しき公立校……コスモ☆ポリタン学園で生徒会長の任をつとめる、カリスマJCですわ♪

 名門の誉れ高い落合家の一人娘として、幼少のみぎりより英才教育を受けておりました。その甲斐あってか、学業、スポーツ共に常にトップの成績をキープし続け、先生がたの信頼も厚く、全校生徒の憧れの的……なんて言ったら自慢みたいですけれど、決してそんなつもりはございませんわ。あたくしだって、道端にありふれてる犬のフンみたいな一般ピーポーと同じ、普通の生活を夢見る一介のスーパーセレブエリートに過ぎませんのよ。

「まあ、ご覧になって。
 落合様が廊下をお歩きになっておられるわ」

「お美しい! 後光が眩しすぎて直視できない!」

 困ったものです。
 ただ歩いているだけだというのに、遠巻きに見つめる生徒が黄色い悲鳴でBGMを奏でるじゃありませんか。

「まあ、今度は階段を、階段をのぼっておられる」

「あんなにも優雅に、階段をおのぼりになるなんて! 人間業じゃあないわ! まさに、天孫降臨のごとし!」

 降臨って、それだと降りているのでは……

 うぅーん、どうにもやりづらいですわ。皆さん、このあたくしを神のごとく崇め奉るのはわかるのですけど、一挙手一投足にこうもオーバーなリアクションが返ってくるとなると、うかつに変な行動とか出来ませんわね。

 この息苦しさ、日常の閉塞感こそ、エリートたる者に課せられた抗えぬ(カルマ)とでもいうのかしら? うふふふ。

「今度はおひとりで微笑んでおられるわ」

「きっと大宇宙の意志を受信なされたのよ。あの口角の上がり具合からして吉兆。地球の未来は明るいわね!」

 なにその占い!?
 あんたらの想像の中であたくしどうなってますの? そんなん完全にヤバい人じゃないですか……きゃあ! 階段の途中で、思わず勢いよく振り向いた事が災いし、五段重ねのお弁当箱を勢いよく落としてしまいました!

 え、ちょっ……さっきから見てるお二人!
 目の前に人のお弁当箱が落ちたのに、なぜ黙って突っ立ってるの? 拾うくらいしてくれてもいいんじゃ……

「どうしましょう。お助けしたいのはやまやまですが」

「私どものような身分のいやしい者が、落合様の私物に汚い指で触れるなど出来ません! 恐れ多くてっ!!」

 えぇー……



 結局、自分でお弁当箱を拾って屋上に向かいました。まったくぅ……あたくしがいくら高嶺(たかね)の花だからって、皆さん気後れしすぎですわ。もっと普通の人間として、ライトにフレンドリーに接してくださってもよくてよ?

 気を取り直してランチタイムよ。暖かなお昼の日差し降り注ぐ屋上では、女生徒達が和気あいあいと談笑してお弁当をパクついていました。どれ、そこにあたくしが入っていって、ごきげんようって感じで自然に混ざ……

 うーわ皆さん一斉に引いていきますわ。

「きゃ~落合様、今日もパッツン姫カット決まってる」

 敬われて……るんですよね?
 じゃあ、髪をダシに話しかけてよ。一度でいいから、『どんなシャンプー使ってるの?』って聞かれたいわ。

 集団のど真ん中にポッカリ空いた穴の中心で、重箱を開け、お弁当を貪るあたくし。なんです? この空気?

「お食事なさるお姿が侵しがたい儀式のようだわ」

 お腹すいたから食べてるだけ!

「あの物憂げな瞳!
 一体どれだけご高尚な思考を巡らせておいでなの? 争いをやめない人類の未来を、憂いておられるとか?」

 普通にお喋りしてオカズ分け合ったりしたいの!

 はっ!

 チャーンス!
 ちょうどあたくしが座るベンチの後ろのスペースに、背中向けてひとりでご飯食べてる地味メガネっ娘がいるじゃない。こっちの存在に気づいてないみたいだし……もうこの子でもいいわ! 一緒にキャッキャウフフを!

「あの……あなた、よかったらご一緒に……」

 肩に触れて、振り向かせましたわ!

「へ? わたす? って……あなた様は! うぅっ!」

 わーっ! 急に鼻血吹いてブッ倒れたーっ!

「落合様からお誘いいただくという、分不相応な幸せに耐えきれず失神したわ! 見て、あの満たされた顔!」

 なにそれ怖! 話しかけただけだよ私!

「いいえ! これは報いよ!
 落合様が呼吸なさっている神聖な領域の空気を俗世の二酸化炭素で汚したために、お怒りに触れたんだわ!」

 飛躍しすぎィ! お前ら頭おかしいよ!

「私達も退散よ!」

「恐れ多い恐れ多いっ!!」

 生徒集団はあっという間に逃げ去りました。気絶していた子も、意識を取り戻すなりダッシュで消えました。

 屋上に取り残されたあたくしは、天に叫びます。

「さみしくなんかないですわー!
 あたくしは、孤高のパーフェクト人間ですもの~!」



 オチ合☆

/ 10ページ

1ボッチ「さみしくなんかないですわー!」

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

113

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|コメディ