/ 3ページ

先ずは自己紹介から(1)

(1/3ページ)

先ずは自己紹介から(1)

皆さん初めまして、Zenz(ゼンツ)と申します。
40代半ばのおっさんです。
20代の頃は「カッコ良い」と女子に言われる事もありましたが、
40過ぎたら後頭部にハゲが(笑)
どうやら熱湯シャワーが頭皮にダメージを与えたらしく、
河童みたいになりまして。
いや、別に良いんですよ。小さい頃から
「将来ハゲてもネタに出来るおっさんになりたいな~」
と思ってましたから。

ちなみに、昔から自他共に認める「変人」です。
だから10代20代の頃は
「オマエって黙ってると良い男なんだけどな」
と友達からよく言われたものです。
どうやら僕の発言が時々意味不明らしく、ついには
「教祖様」のアダ名まで付けられるハメに。
いや、別に良いんですよ。学校で呼ばれる分には。
だけど、
「よお、教祖様。今年もよろしく!」
って年賀状送るのは止めてもらいたかった。。。
「アンタ学校で何やってんの?」
って家族に呆れられましたなあ。

エッセーを書こうと思い立った理由はと言うと、
ある人に勧められたから。初対面の人だったんですけど、
「キミの話は凄い楽しいから、将来本にすると良いよ」
って爆笑しながら勧められまして。
エブリスタって若い読者が多いので、40半ばのおっさんの
くだらない話が役に立てば良いな~と思います。
否、役に立つかな?立たないかな?
どうにも微妙なので、そのまんま題名にしました。
あー、そう言えば。
このエブリスタに最初に投稿した短編作品がミニイベントの
準大賞に運良く選ばれまして。「5分」で読めるシリーズにも
運良く選ばれまして。その頃が作家として多分一番のピークで、
そこからひたすら下降線を辿っている状態なので、
文章下手クソになってますけど、何卒お許し下さいませ。

/ 3ページ

先ずは自己紹介から(1)

(2/3ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ