/ 78ページ

1

(1/7ページ)

1

「ポピ――」母が、階段の下から大きな声で呼ぶ。「支度できたあ――?」

「は――い」私も部屋の中から大声で返事する。

 下に降りると母は、大きな紙袋と小さなバスケットを私に差し出した。「はい、じゃあこれをお願いね」にっこりと笑う。

「はーい」返事しながら私は紙袋の中を覗き込む。「うわあ、きれい!」

 紙袋の中にあったのは、オフホワイトの生地。きらきらと小さな光の粒が表面に輝いている。

「きれいでしょ」母はさらににっこりと目を細めた。「ミヴィズで見つけたの。これをドレスにしてさ、刺繍も入れてもらおうと思って」

「すごーい」私は溜息まじりに言った。「ママの服?」

「うん、ママのはブラウス。ドレスはポピー、あなたのよ」母は指で私の鼻の先をちょんとつついた。

「ほんと?」私は心臓が跳ね上がるくらい嬉しくなった。すっごい! 刺繍入りのドレスなんて、お姫様みたいじゃん!「やったあ! 楽しみい」紙袋を持ったままくるりと回る。

「じゃあ、気をつけて行って来てね」母は腰に手を当てて言った。「バスケットの中に冷たい飲み物とクッキーとか入れてあるから。途中でつまみながらでもいいし」またにっこり笑う。

    

「うん!」私は大きくうなずいて玄関を出た。

 今日はツィックル箒は使わず、歩いて行くことにしたんだ。

 母がお使いのご褒美として、私の箒の手入れと調整をしてくれることになっている。

 箒もたまにはお休みさせてあげないとね。

「キャビッチは持ったー?」母は歩き出す私の背後からまた声をかけた。

「持ったよお」私は背負っているリュックを肩の上から親指で差して、肩越しに振り向き答えた。「もっちろん!」

「鬼魔(キーマ)に気をつけてねー」母は大きく手を振った。

 ――ちょっと、大げさ過ぎるんじゃないかな?

 私はそんな風に思って、歩きながらつい苦笑してしまった。

 だって、もう十三歳だよ?

 鬼魔に気をつけてなんて……逆に、鬼魔の方に言ってあげるべきなんじゃないか?『今からポピーが町から森へ抜けていくから、気をつけなー』って。



『さもないと、ガーベラとフリージア譲りのキャビッチスローを食らってぶっ倒されるぞー』とかね。



 そんなことを思って一人でくすくす笑いしながら歩くうち、私はキューナン通りに出た。

 町の中は今日も賑やかだ。

「あらポピーおはよう、お使い?」時々そんな風に声をかけられたりもする。

 店のおばさんとか、店に買い物に来ているおばさんとか。

    

/ 78ページ

1

(2/7ページ)

みんなが送ったスター数

2

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ファンタジー