/ 136ページ

子どもの怪我

(1/23ページ)

子どもの怪我

「ちょっと!」

甲高く鋭さのある声に呼び止められカルネは足を止め振り返った。

瞬間、目の前に子どもの腕を突き付けられた。


「この傷! どうして放っておいたままなんですか!」


声をかけてきたその女性は、子どもの腕をカルネに突き付けながらキンキンと耳障りな声で叫んだ。

――ああ、またか

女性の声に周りにいた子どもや親が距離を置くのを肌で感じながら、カルネはその子供の腕を見る。
パッと見ではわからないが、よくよく見ると赤みを帯びた皮膚があり、何かにこすったような皮膚が少しばかりはがれた跡があった。

「どこかでこすった傷ですね」

舐めときゃ傷がわからなくなる程度だな、と思いながらカルネが顔を上げると。
女性が怒りで満ちた顔で目をギラギラと滾らせていた。

「こすった、じゃないでしょう! 何で治さないんですか!」

唾を飛ばさんばかりの罵声にカルネは耳を塞ぎたくなるのを堪え、いつもの笑顔を何とか張り付ける。
子供の目の前で大人同士が怒った顔を突き合わせるのは、精神教育としてよろしくない。

「治さない、とは?」

カルネの問いに「先生はバカなんですか!」と女性は叫ぶ。

「何故、回復魔法できっちり傷を治さないのですか! これは職務怠慢じゃないですか!?」

――ああ、やっぱり

予想通りの言葉に、笑顔を張り付けつつもカルネは内心ため息を吐く。

この質問、この職についてから何度目だろうか?

カルネは答え慣れた言葉を口にする。

「お母さん。お子様の身体に傷がついて怒るのはもっともです。こちらの不注意で傷をつけてしまい申し訳ありませんでした」

ここでカルネは深々と頭を下げる。
そしてすぐに頭を上げるとハキハキと口を動かした。

「しかしながら、この小さな傷では回復魔法を使ってはいけないんです。お子様はまだ1歳ですよね?」
「そうよ」
「では、まだ成長途中の身体で不完全です。その不完全な体に回復魔法を施したとしましょう。そもそも回復魔法はその人本来の治癒力を活性化させるもの。不完全な者が受けると成長中の身体の内部のバランスが崩れ、支障をきたしてしまう可能性があります。つまり、本来障害をせずにすむ場所に障害をきたしてしまうということです」
「でも、これくらいの傷なら……」
「これぐらいの傷だからこそ、です」

反論しようとした女性の言葉をカルネは口調を強めて切り捨てた。

「小さな傷を負うごとに回復魔法を施してしまえば、それは順調に成長している身体の内部を壊し続けているのと同じこと。要するに、一度では効かない毒を何度も与えて毒を浸透させてしまっているということになります」
「そんな……」

言葉を失い真っ青になる女性にカルネは「まぁ、大袈裟に言ったら、の話ですが」と付け加えた。

「ちなみに、命に関わる傷に関しては例外です。死んでしまっては元も子もないですからね。ですが、自然治癒で治せる傷は出来る限り自然に任せましょう。その方が冒険者向きの治癒能力をもった強い子に育ってくれますよ」

――――ま、そもそもケガさせるのが施設として駄目だけど

自分の都合に悪い言葉は飲み込み、カルネはにこやかに告げた。

/ 136ページ

子どもの怪我

(2/23ページ)

みんなが送ったスター数

328

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ファンタジー