/ 77ページ

第1話 それはあまりにも突然に…

(1/4ページ)

第1話 それはあまりにも突然に…


「何て事だ………」

 私はベッドの上で息をしていない我が主、魔王ザリュードを発見した。
朝なのに中々起きて来ないザリュード様の様子を見に部屋へ来てみたらこれだ…。
呼吸の確認、脈拍の確認をしてみたがどちらも停止している。
申し遅れたが私の名はシャープス…魔王ザリュード様の補佐官をしている者だ。

「カオス、アビス居るな…?」

「はーーーーい!!おっはよーございますシャープス様!!」
「………うん、おはよ…」

 私のすぐ後ろに二つの小さな影が現れる。
元気の良い返事をしたのは金髪碧眼のツインテール少女、カオス。
クリクリした大きな瞳、口元には小さな牙がちらりと覗く。
背中には蝙蝠を彷彿とさせる黒い翼とお尻には先端がハート形の黒い尻尾がある。
一方、暗い返事をした方がアビス、ショートボブの銀髪が美しい紅い釣り目の少女だ。
こちらもカオス同様の身体的特徴がある。
彼女らは双子で種族は下級悪魔(レッサーデーモン)である。

「ああ、おはよう…済まないがすぐにドクター・テンパランスをこの魔王の間に連れて来てくれないか?」

「はーーーーい!!まかせてーー!!」
「…んっ」

 二人は小さなツバサを羽ばたかせ部屋を出て行った。
    

一人の残った私は改めて魔王様を観察することにした。
しかし何て安らかな寝顔なのだろう…男性ながらとても美しい。
ザリュード様は純然たる悪魔族で齢は悠に一万年を超えている。
青白い肌と頭の両脇にある巨大な角を除けば人間とさほど変わらない顔だちをしている。
 私は医療に関しては素人だ…呼吸と心臓は止まっているが、もしかしたら何らかの要因で仮死状態なのかもしれない。
一縷の望みにすがっていると二人が戻って来た。

「連れてきましたーーーー!!」
「…んっ」

 二人が洗面器を両側から掴んで飛んで来る…中は色の液体が満たしていた。
そしてその洗面器をザリュード様の傍らに置く。

「何だね朝早くから…私はまだ寝ていたいのだがね…」

 洗面器から中の液体が盛り上がった…この液体はある程度の粘性があり、グネグネと動いている…俗に言うスライムと言う奴だ。
やがてそれは楕円形に短い手足が生えた滑稽な体系の人型になり、白衣を着て眼鏡を掛けた。
ただ彼には目が無い…何故眼鏡を掛けているのかは謎だ。

「おはようございますドクター・テンパランス…早朝からお呼び立てして済みませんがザリュード様の様子が朝から変なのです…診てくださいませんか?」

「ほう…?」

    

/ 77ページ

第1話 それはあまりにも突然に…

(2/4ページ)

みんなが送ったスター数

73

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ファンタジー