/ 60ページ

カルテNo.1 約四百歳、女性、エルフ。全身擦過傷、栄養失調。

(1/60ページ)

カルテNo.1 約四百歳、女性、エルフ。全身擦過傷、栄養失調。

 ベッドが軋む。

 部屋には無機質な音と共に、男の荒い息づかいが響いていた。

 ベッドに寝ている女の上に覆いかぶさる男。その男は、女の胸元に両手を当てていた。全体重をかけながら、何度も女の胸を押す。

 一分間に百回。

 それが、女の命を繋ぐための最善の手段だった。

「くそっ! 戻ってこいよ! せっかく手術が無事終わったんだ! このまま逝くだなんて許してたまるか!」

 噴き出る汗は、先ほどまで切り開いていた傷口へと落ちていく。全身、汗だくになりながら心臓マッサージを続ける男は、ただただ叫んだ。
 部屋の中は滅菌された状態を保つために締め切られている。湿気のせいか、空気はひどく重苦しい。

「おい! わかってんのか!? こっちでやり直すんじゃなかったのかよ! なぁ、おい! 起きろって!」 

 男の叫びに女は決して応えない。

 胸郭が押されるたびに跳ねる腕は、力なくだらりと垂れさがっていた。


「お大事に」
「ありがとね。また来るよ」

 そうやって送り出す背中はどこか弱々しい。患者を見送る医者は、ぎこちなく微笑んだ。
 消えた背中の名残を感じつつ、医者は手元に広げられたカルテに目を向ける。自らが刻んだ汚い字に数行を付け加えると、無造作に診察済みの箱へと投げ入れた。
 診察を待っている患者はもういない。残った仕事は、片付けと明日の診療の準備だけ。いつの間にか、外は薄暗くなっていた。

「はぁ、やっと終わった」

 大きなため息をつきながら、身体を伸ばす。バキボキと関節を鳴らしながら腕を回すと、多少なりとも肩がほぐれて軽くなった。
 誰かの苦しみを背負っているからだろうか。医者の職業病は、肩こり、腰痛だ。
 そんな医者の後ろから唐突に声がかかる。

「今日もお疲れ様です、ユーマ様」

 そう言いながら、冷たいお茶を差し出すのは銀髪の妙齢の女だった。

 スタッフの一人として女性がいるのは当たり前だが、女の容貌はことさら目を引いた。端的に言うと美しい。その中でも、一番目を引くのは銀髪だろう。腰近くまで垂れる銀髪は蛍光灯の光を浴びる度にきらめき、彼女が動くたびに揺れる髪はしなやかに翻る。髪に溶け込むような白い肌、大きな青い瞳、細くしなやかな体、どれをとっても神秘的という言葉が似合いすぎるくらいである。
 そんな彼女がユーマへと微笑みかけていた。その微笑みは吸い込まれそうなほど美しく、男であるのなら例外なく心を奪われるに違いない。
 だが、ユーマは女の微笑みを軽く受け流し、差し出されたお茶を当然のように受け取った。

「ああ。ありがとな、リファエル。今日も忙しかったろ? お疲れさん」

 労いの言葉に、リファエルは満面の笑みだ。

「そんなの当然です。私はユーマ様のためにここにいるんですから。もし迷惑だったら、こんな恰好、していないでしょう?」

 そういってくるりとその場で回るリファエルの恰好は、白いワンピースだ。それもただのワンピ―スではない。世間ではナース服と呼ばれるそれを、まるでドレスのように見せつける様は正に白衣の天使だ。
 そして、ここはナース服を着ていても違和感のない場所。診療所なのだ。

/ 60ページ

カルテNo.1 約四百歳、女性、エルフ。全身擦過傷、栄養失調。

(2/60ページ)

みんなが送ったスター数

20

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|現代ファンタジー