/ 36ページ

絵里香

(1/3ページ)

絵里香

恋なんて、しない方が楽だ。







「聞いてよー。なんか彼氏がね、明日のデート駄目かもとか言ってるのー。」

すっかりぬるくなったパックの紅茶を飲んでいたら、友人の絵里香がド派手な携帯を片手に前の席に座った。

「でも来週埋め合わせしてくれるんだって!これって有りかなぁ?」

「…有りじゃない?」

絵里香がこの手のネタで私に同意を求めることは少なくない。

だから簡単に答えが見つかってしまう。

「莉子もさぁ、恋のひとつやふたつしなよー。絵里香ね、心配してんの!」

絵里香はそう言いつつメールを打つ。

…心配ねぇ…。

「大袈裟だって。」

「そーお?」

「そんな重要なことじゃないじゃん?」

「絵里香には重要なことだよ?」


「はいはい。」




絵里香はいかにも現代っ子で、茶髪で巻髪、濃いめの化粧をしていて可愛いモノと恋には目がない。



「まークンはね、絵里香のオアシスだもん!」

「はぃはぃ。」


一ヶ月前はゆークンだったぞ…。







私の通う高校は県内でも有名な進学校で、流行や恋に疎い人が大勢いる。

私は決してダサい方ではないが、絵里香に比べたら相当真面目だと思う。






溺れる恋はしない方が身のため。






過去2回の恋で私はそれを学んでいた。




絵里香は馬鹿そうに見えるが、相当頭がいい。

彼女はいつも頭で考えて行動するタイプで、案外冷静なのだ。





私はその真逆みたいな人間なのだ。

/ 36ページ

絵里香

(2/3ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛