/ 24ページ

プロローグ

(1/2ページ)

プロローグ

「おはようカイルくん。」
「おはようございます。ラルフ先生」
白い壁白い床で白い天井…窓の無い部屋…僕は記憶喪失と言語障害が起きていたらしい。言語の方は、だいぶ改善された。
そこで先生がこんな提案をした。
「明日から君の友達を呼んでゆっくり記憶を取り戻して行こう」
その日の夜、いつもの看護婦さんが飲み水を取り換えに着た時にこう呟いた…

「ダウトを探しなさい。」

なぜかその一言が頭から離れず僕は、ダウトを探すことに決めた。

/ 24ページ

プロローグ

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

3

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ホラー