/ 66ページ

(1/8ページ)

小鳥のさえずりで起きるのはとても気持ちがいい
しかし………



「僕の靴下が片方無いよ~!!」
「朝ご飯できたよ~」
「それあたしのたこさんウインナー!!」
「早いもん勝ちだー!!」
「………(ニヤリ)」
「俺の卵焼きー!!」
「制服どこやったっけ?」
「だからって下着でうろつかないの!!女の子なんだから」





我が家の小鳥の声はさえずりと言うより断末魔だ……
そう思った時に階段を上がる音が聞こえてきた………


申し遅れたが俺の名前は型邑義樹
ここ、型邑家の長男だ

/ 66ページ

(2/8ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|