/ 8ページ

三島由紀夫と太宰治

(1/2ページ)

三島由紀夫と太宰治


 彼とは、古楽アンサンブルを楽しむ会で知り合った。近所の音楽好きが集まり、リコーダーアンサンブルを楽しんでいたのだ。

 彼は京大を卒業した秀才で、チェンバロ奏者だ。音楽家を目指し、音楽一色の生活を送っている。
 彼は、すこぶる理知的な顔をしている。それは貴族的な顔とでもいおうか、整った顔立ちには高貴ささえ感じたものだ。
 コセコセしたところがなく物腰はゆったりしていて、田舎育ちの私には、初めて出会うタイプの男だった。
 その彼との会話だ。

「ところで、麻生さんはどんな本を読むの?」

「本は手当たり次第だけど、太宰はかなり読んだかな」

 私としては、素直に答えたつもりだ。
 ところが、いかにも驚いたように小首を傾げ、「え? 太宰を読むの?」と言うのだ。

 彼は、駆け引きや、むやみな自己主張をする男ではない。実に正直で、真っ直ぐな男だ。正直、驚いたのだと思う。

「太宰は女性が読む本だと思っていた」

 ふーんという顔で、続けてそう言った。

 その顔に私はギクっとした。私は彼の人間性を信頼していた。その彼から軽蔑されたと思ったのだ。
 太宰は、確かに硬派の男が好む本ではないかも知れない。私もそう思う。 
 しかしだ、私が誰を好むかは私の趣向の問題だ。なにも軽蔑される謂われはない。いいじゃないか、俺は太宰が好きなんだ、そう開き直る気持ちになった。
 私は彼とは違い、百姓の生まれだ。やはり下賎なのだろう。言い返してやりたくなった。

「あなたは誰を読むの?」

 そう聞くと、三島だという。
 その瞬間、しめたと思った。思わず舌舐めずりしたくなったがそんな気持ちは押さえ、彼と同じようにただ驚いた顔で、

「え? 三島? 三島はホモしか読まないのかと思っていた」

 とやり返した。

(了)

/ 8ページ

三島由紀夫と太宰治

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

10

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|