/ 16ページ

(1/2ページ)

ねぇ?

この時の流れが止められるのなら

どれだけの人が
どれだけの声が

それを願うだろう

想いはその左胸の鼓動と共に
恨みはその歩みだした右足にのせ

螺旋という名の運命を永遠に廻る

それが時…

しかし時を止めてしまうのならば

その想いは何処へ行く
その恨みは何処へ行く

我を忘れた水車のごとく
水車から溢れる水のごとく

世界という名のガラス玉は
こんなにも簡単に砕け散るだろう

その中にいる僕等は

たやすく壊れ消えてしまうだろう

ガラス玉の創造主は

虹色に透き通る水の上に
ガラス玉を浮かべ流し続けている

ガラス玉は歩み続けている

今も そう
こんなにも近く

その中であらがう事を
忘れてしまった

僕等を封じ込めたまま…

/ 16ページ

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ