/ 2ページ

神様(?)パワー

(1/2ページ)

神様(?)パワー

今日はあの人とたくさん話しちゃったなぁ~☆
でも途中でチャイムがなって……
いいところだったのに……
「チャイムのバカヤロー!!」

今日は半年近く声をかけられないまま、片思いをしていた人とたくさん話した。

たまたま同じだった趣味の話題で盛り上がった。

休み時間の、話し込むにはとても短い間だったけど、まるで自分の口じゃないみたいに話していたと思う。
なのに……

休み時間は短いもので、話がこれからというときになって……

キーンコーンカーンコーン……

馴染みのコレさ。

「なんなのさ!まったく……」

あの話の続きがしたいなぁ……
もう一回でいいから話したいなぁ……

「あの人とあの話の続きがしたいなぁ……」

と、いつもの帰り道にある小さな神社にあるお地蔵さんの頭を、いつものようにペシペシと叩いた。

「なぁ……なんであそこでチャイムがなるのかねぇ?あの話の続きができなかったじゃない!」
オマケとばかりに、最後にバシッと強く一回叩いた。

完全な八つ当たりだ……
ゴメンよ。お地蔵様。
そして頭に手を置いたまま呟いた。

「はぁ……悔いの残る一日だよ。まったく……」

そしてまた自分の家に向かって歩き始めた。

すると……
「おい!―――」
え?
後ろから声をかけられた。
クルッと振り向くと、そこには……



彼がいた。



あの話をしていた彼がいた。

私は混乱していた。
そしてやっとの思いで声を出した。

「なんでいるの……?」

「なんでって……あ、あの話の続きがしたくてさ!」
「え?」

「いや、だから、その……あの話さ。わかんない?休み時間話してたじゃん」

同じこと思ってたんだ……
「続きが話したくてさ……」
「わ、私も!」

「え、ほ、ほんとに?」

「う、うん」

「じゃあどっかで話さない?」

「こ、公園とか?」

「ブッ!」
彼は笑った。というよりも吹き出した。

「な、なんで笑うのさ!」

「いや、ベタだなぁって思ってさ」

「ベタって何さ」
私は頬を膨らませた。

彼の顔が真っ赤になる。
「と、とりあえず行こうか」
「そうだね」


二人は夕日で顔を赤くしながら公園に向かった。

そして時間が許すまでいろんな話をした。


この偶然はもしかしたらあのお地蔵さんのおかげだったのかも………


~終~

/ 2ページ

神様(?)パワー

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛