/ 11ページ

希望の無い毎日をただ惰性で生きている。

(1/4ページ)

希望の無い毎日をただ惰性で生きている。

学生の時にもっと勉強していれば良かった・・・

俺は今、32歳。

独身。

フリーターだ。

主な収入源は、週に二度のバイトと、ジャグラーだ。

因みに彼女はいない。

つーか、特定の彼女がいない。

昔、本気で好きになった娘はいたが、今の自分の収入では、彼女に惨めな想いをさせてしまうので、自分から身を引いたんだ・・・

そうやって、いつも自分自身に嘘を付き続けて、はや32年。

秋田のハローワーク管内での求人倍率は、約60%。

内、国家資格などの無い自分のような人間は30%弱と云う辛い現実を目の当たりにして、職安の隣のパチンコ屋のブルーリボンに、今日もジャグラーを打ちに行く。

俺の台選びは、基本レギュラーに偏った台を選ぶんだ。

しかし、今日もブルリは求職者で溢れかえっている・・・

因みに、ジャグラーのシマは2つ。

しかし、空いている台は数台しかない・・・

今日は、だめか・・・

と、その時、スーツを着たサラリーマン風の男性がおもむろに声をかけて来た。

『これ、やりませんか?』

B3、R12、総回転数994回、34Gヤメ☆
なんて素晴らしい台!

あ、ありがとう・・・

普段、会話をし慣れていないせいか、直ぐにドモる。

直ぐに赤面する。

その、北村一輝似の男性は、ニヒルな笑顔を浮かべ無言で去って行った・・・

まるで、医龍2のエンディングのように。

上唇の形がヒジョーにセクシーだ。



さぁ、今日もコイツで稼がせて貰うぞ!

ホール内をうろついて集めた8枚のメダルに魂を込めて、勢い良くホッパーに手を掛けた。

神様・・・

御願い致します・・・


ガシャ!


自分はもっぱら逆押しだ。

昔から逆押しだ。

人と同じ事をするのがキライだ。

つまり、天の邪鬼だ。

でも、4号機の猪木自身だけは、ちゃんと順押しした。

でも今は5号機だ。

ジャグラーだ。

どうでもいい。

今はただ、早く自立した生活をして、親に迷惑をかけない生活をする為だけに、ジャグラーを打っている。

本当は弁護士になりたかった・・・

本当に困っている人の為に、お金の為でなく、命を張った仕事がしてみたい。

早く、人の役にタチタイ!

工業高校中退だけど。

車の免許しか無いけど。

そんな事を考えながら、僕は逆押しをするんだ。

明日と云う希望に向かって、逆押しをするんだ。(クドイ)

/ 11ページ

希望の無い毎日をただ惰性で生きている。

(2/4ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|