/ 46ページ

(1/21ページ)

紅。それは人の脈動の色。そして残虐、死、絶望、快楽、滅び……………グロテスクの美を紡ぐ彩。

desperate


深い闇の果て
そっと佇む……
黒き水晶の音
静かな時を
刻み続ける
音無き砂時計

静かに湖〈うみ〉に沈む
人の嘆く声
それは流れに消されて
先のない時にただ
身を任せたまま
深き黒に佇む……

止められない絶望の哭き声
夢ならどうか醒めてほしい…………
あざ笑うかのような時の流れ
ただ悲しむだけの生を腐敗させる………


黒き水晶に
映されていく
罪と罰の記憶……
どう辿っても
行き着く先は
腐った運命だけ……

荊の道を歩み
痛みを刻み
罪に濡れた路頭に迷う
散りばめられた無数の
燃え尽きた『希望』
集め許しを乞うために…………

止められない絶望の哭き声
かりそめの命に飢えていた………
あざ笑うかのような時の螺旋……
罪に濡れた者を更に堕落させる……


やがて体の中を
流れる紅き血さえも
凍りつき、やがては
腐り果てる………
腐り果てる………

止められない絶望の哭き声
ただ永遠に響き続ける………………

破壊と癒しを幾度も幾度も
繰り返し罪の楽園を築く
もう誰も微笑みはしない
死の世界でもがくしかない
誰もが誰もが
身を闇に染める
白き肌も
醜く血に染まる
遥か彼方
果てなく深い闇
拒絶、逃避、死滅、終焉……………
全て、総て、全て、総て、全て、総て……………………

/ 46ページ

(2/21ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|詩・童話・絵本