/ 6ページ

指先.

(1/2ページ)


夢を見た。

私は何かを掴もうと必死に手を伸ばして

その指先は
結局何も掴めない

そんな夢を見た。


私が泣きながら
探していたものは何だったのかしら

いつかの君か
輝く未来か
それとも私自身か


夢は醒めて仕舞ったから

私は想像するしかないのだけれど


私の欲しかったものが何だったか

思い出せないの。



ねぇ、何だったかしら



「………」


答えはいつも自分の中に在る

だけど私はいつも其れに気付かない振りをする



気付いて仕舞ったら


私の中の何かが
崩れて仕舞う気がするから



そう。



私の指先が何も掴めないのは

私が自分を護るから

だって傷つくのは
もう厭なのよ


いい加減、疲れるわ


それでも
私は
手を伸ばす


貴方に届かないと知りながら



貴方を掴めないと知りながら。

/ 6ページ

指先.

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|詩・童話・絵本