/ 48ページ

序章

(1/3ページ)

序章

一冊の本を開いたのはただの好奇心だった。
その本に書かれた物語とは?

「何だ?コレ。」
机の引出しの奥にあった古い日記帳。
「優香の日記か?随分古い日記帳だなぁ(苦笑)」
っと言うものの…、埃は多少被ってはいるが、大切に保管されていたのかあちこち破けたり…という破損部分等は見当たらなかった。

日記なんてアイツの事だ、どうせ三日坊主だろぉ?
なんて俺は笑いながら日記を捲ると、アイツとは思えないくらいびっしりと文字が書き綴られていた。

/ 48ページ

序章

(2/3ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|