/ 9ページ

左目

(1/4ページ)

左目



男には生来左目が無かった。

いや、今もずっと開くことすらない。



男は不思議だった。

何故、己には左眼が無いのか。
何故、周りの者には両の眼があるのか。
何故、眼が無いのは己だけなのか。
何故、家族には両の眼があるのか。



男はいつしか、己の左眼を探すようになっていた。

きっと、何処かにあるはずだと信じて。

元から無いのではない。
無くしてしまったのだと。



男はいつでも探していた。

家畜の牛に餌をやるとき。
幼なじみと話をするとき。
姉の作った飯を食べるとき。
硬い布団で眠るとき。

唯一考えていないのは、完全に眠りに堕ちたときのみか。




.

/ 9ページ

左目

(2/4ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ファンタジー