/ 9ページ

(1/2ページ)

朝は明るすぎるから眩しくて自分が照らされてるように見えて怖かった。

昼は人が多いから自分一人が変に目立ってないか心配で怖かった。

夜は真っ暗闇の中に葬られるから自分を見つけてもらえないようで怖かった。

それは矛盾だらけの我が儘な気持ちを抱えながら毎日脅えながら過ごしていた。

/ 9ページ

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛