/ 282ページ

中さん

(1/14ページ)

中さん

「なあ、センセ?五分くらいのフライングは見逃してもいいんじゃないかな?」


やわらかな陽射しが事務机に当たっている。

なんの色気もない机や椅子とは対照的な程、魅力に溢れる女性。

一ノ瀬 春
年齢不詳
医師

スタイル抜群。
白衣の下はピンクのシャツ。ボタンは上から二つ目まで開いている。

「私、アナタの事キライなの」

振り向きながらそう僕に宣言する。
美人であるだけに冷酷さは2割り増しに感じた。

「知ってますよ。顔見ていたくないなかあって気を使ってみたんです」


「お気遣いなく。アナタはサンプルとしては限りなく貴重だからね。仕事は割り切る主義なの」


「…とか言ってるまにもう外出時間ですね。それじゃ!」

僕はセンセに背を向けて立ち上がる。
ここにいると、今更ながら息が詰まりそうになる。

「二時間たったら戻るのよ」

「はい」

僕は事務所の玄関に向かう。

もう二年…この診療所に入院していた。
外から見れば民家となんら変わらない外観。


周りの住民もほとんどがここが診療所である事は知らない。何せ看板さえない。

一ノ瀬センセは普段大学病院に通勤している。なので診療所とは言うものの、利益には全く無頓着だ。

大学の研究の一環らしく、多少の研究費も出ているらしい。


「…いい天気だなあ」

玄関を開けて外に出る。あまり交通量は多くないが、二車線の車道がある。

そこの脇にあるガードレールに座って二時間過ごす。

毎日の日課だった。

排ガスさえ、消毒くささに比べればなんて事はない。

衣食住、給料も少しだが出る。

そんな甘言につられ
一ノ瀬センセのところに厄介になっているのだが、帰る所があればとっくに出て行っている。


但し、あのセンセの仕事と割り切った姿勢はキライじゃなかった。

/ 282ページ

中さん

(2/14ページ)

みんなが送ったスター数

5

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛